【サッカー人気3位】【赤黄の道標】グランパス稲垣が語る川崎…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「どこのスタジアムでもマリノスのサポーターはたくさん駆けつけてくれる。日産スタジアムで勝ててないのは申し訳ないと思っていた」(天野)・「マリノスのサッカーができた」(松原)他 [柏戦後コメント]

 

【コメント】

アンジェ ポステコグルー 監督

「ほぼ主導権を握って、自分たちのサッカーができたと思う。3点取ったがポストやバーに2回くらい当たり、他にもチャンスがあった。この前の水曜日も良いパフォーマンスで結果につながらなかったが、今日はしっかり結果が出て良かった」

 

――久しぶりに4バックで臨んだ意図は?

「結果も出たが、それと同時に内容も良かったので満足している。自分たちがボールを握るという意味では4バックだろうが3バックだろうができているし、今後もやっていきたい。今度の水曜日にまた3バックにするかもしれないし、システムというよりは自分たちがどうやってマリノスのサッカーができるかということが大事だと思う」

 

――山中選手の状態は?

「ドクターとはまだ話していないので具体的なことは分からないが、本人と話した感じだとすごく深刻というわけではないと思う。ただ、ここまで連戦が続いて山中はずっとプレーしているので、こういうことが起こるのも自然なのかなと思う」

 

――山中選手が前半に退場してしまって大津選手を入れたが、他の選手も山中選手よりクロス精度が低かった。チームに影響はあったか?

「もちろん喜田は左サイドバックが本来のポジションではないが、彼は自分たちにとって大事な選手で、どこの位置でも良いプレーをしてくれる。自分の見方では左サイドと右サイドでセンタリングの質に差があったとは思わない。ブマルも2アシストしたし、右サイドからもしっかり攻撃できていた。バランスは良かったと思う」

 

――今日は恐れずにボールを前に出していたと思うが、それができた要因は?

「見てのとおり非常に難しいシーズンになっているが、今日は選手たちがマリノスのサッカーを信じていることが表現できたと思う。選手にも恐れるなと言い続けている。そういうところで少しずつ選手たちに浸透していて、2−1になってもリードを守るというよりは3点目を狙いにいったということがマリノスのサッカーを表現できたところだ」

 

下バナー

(残り 2332文字/全文: 3193文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック