【サッカー人気4位】【J2第8節:長崎vs町田】レビュー:…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

【無料記事】エクスプレス直前インタビュー 榎本・樋口監督・小野・熊谷・他

【voice of players(大宮戦にむけて)】

GK 1 榎本 哲也 -精一杯やるだけ-

――鹿島戦を振り返って
「鹿島の出来があまり良くなかったと言う人もいたけど、オレはそうは思わない。鹿島が悪かったんじゃなくてオレたちが強かった」

――試合前に意識していたことは?
「普通にやろうということしか考えていなかった。でも振り返るとあまり普通ではなかったのかな(苦笑)。打撲もあったけど、全身がつってしまって途中交代になってしまった。それは水分補給を忘れていたからで、やっぱりどこか興奮していたんだと思う」

――後ろからチームはどう見えた?
「自分は久しぶりに先発で出たけど、チーム全体が一つになっていた。戦術云々じゃなくて、しっかり戦えていたと思う。ただ自分が良かったとは思っていない」

――大宮とはあまり相性が良くないが
「そういうことはオレには関係ない。目の前の試合を精一杯やるだけだから。次の試合も出られる保証はない。まずは自分の仕事を全力でやることが勝利につながると思っている」

【明日の試合に向けて】

樋口 靖洋 監督

「鹿島戦は一人ひとりの頑張りだけじゃなくて、チームとしての集中力が高かった。マルキーニョスの退場はアクシデントだったけど、逆に集中力は高まった。ハー フタイムのロッカールームでもネガティブな声がまったくなかった。ゲーム前もどんな状況になってもポジティブな気持ちで戦おうと話していて、それを選手が しっかり意識してくれた。準備してきたビルドアップは前半の半ばに3回 くらいあって、イメージはあった。後半は一人少ない状況でカウンター狙いになってので、しょうがない部分はある。(熊谷)アンドリューは時間とともに存在 感を出した。もともとスケールの大きい選手だけど、これくらい広いエリアをカバーできるのかとあらためて思った。(栗原)勇蔵が試合当日に無理になったけ ど、普段あまり出ていない選手がトレーニングマッチと同じようなパフォーマンスを見せてくれたのはチームとして大きい。

大宮は中断期間に移籍してきた選手がフィットしてきている。特に外国人が攻撃の中心として機能している。攻撃のキープレーヤーは外国人。ノヴァコヴィッチ はターゲット役になれる選手だけど、ヘディングだけではなくて足元もできる。ウチとしてはまずマルキがいない。それとディフェンスラインに戻ってくる選手 がいて、それは嬉しい悩みになる。チーム全体の底力が必要な時期。大宮とは勝ち点8しか違わない。でも3位の浦和とも7しか違わない。まだ上にも行けるし、下に行く可能性もある。もちろん上を目指したい」

FW 10 小野 裕二

「鹿島戦ではチームとして戦う気持ちを出せた。当たり前のことだけど、それがいままであまりうまくできなかった。マルキが退場になったことで危機感が出たし、10人 でも勝てるというところを見せたかった。ゴールになったプレーは適当だった(笑)。今度は適当じゃなくて狙って自分がゴールしたい。リーグ戦ではずっと ゴールから遠ざかっているけど、まずはチームが勝てばいい。そのうえで自分もゴールを決めるのが理想的。大宮戦でそうなるように気合いを入れたい」

MF 28 熊谷 アンドリュー

「得点して勝てたことで自信になった。フル出場できたことでプロA契約にもなったし、これからはもっと自覚を持ってプレーしないといけない。ただ鹿島戦ではボール回しのところにあまり加われなかったので、そこは満足していない。10人になってしまったという理由はあるけど、だからこそ自分たちの時間を少しでも長くしないといけなかった。大宮戦ではもっとボールを触って、周りを使っていきたい。鹿島戦で出せなかった長いボールも見せたい」

DF 27 富澤 清太郎

「次はCBか ボランチかわからない。でもどちらのポジションでも高いものを発揮したい。どちらでも一番になれる、そんな選手を目指したい。鹿島戦では昔からやっている 自分のプレースタイルを出しただけ。次も自分もそうやってプレーする。どんどん声を出して引き締めて、自分も集中する。CBはそういう役割のポジションでもある。F・マリノスはサポーターの目も肥えていると思うのでやりがいがあった。次は誰とコンビを組むかわからないけど、誰と組んでも自分のプレースタイルは変わらない」

DF 22 中澤 佑二

「(ノヴァコヴィッチ対策について)映像で見るよりも実際にプレーして体感しないとわからない。リスペクトしすぎないことが大事。必要以上に映像で判断してはい けない。それをしてしまうと前へ出る勇気がなくなってしまう。ただ大宮が必死なのは間違いない。その雰囲気にのまれたら勝てない。アウェイだけど積極的に プレーしていきたい。そうやって鹿島戦でもいい感じで戦えた。いつも苦戦するゾーンディフェンスをどうやって破るかがポイントになる」

MF 7 兵藤 慎剛

「大宮戦では一つ前のポジションになりそうなので、得点に絡めるように相手が嫌がる動きをしていきたい。相手のブロックの間でボールを受けてポイントになって いくイメージがある。マルキがいないから負けたと言われるのは悔しい。マルキがいなくてもチームのコンセプトは変わらない。リーグ終盤は出場停止やけが人 が増えてくるもの。そういうときに代わりの選手がどれだけ活躍できるかが大事だし、もともといた選手たちが代わって入った選手がプレーしやすい環境を作っ てあげることが大事になる」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ