「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「もっと綺麗に決めたかった」(天野)・「ウイニングメンタリティーがあった」(ドゥシャン)・「(第2戦は)サポーターの力を借りてしっかり勝ちたい」(ポステコグルー)他 [鹿島戦後コメント]

 

【コメント】

アンジェ ポステコグルー 監督

「強い相手と対戦することを想定していて、しっかり勝ったことは嬉しい。前半に関して言うと五分五分の展開だったと思っているが、決定機の数は相手が上回っていた。PKもあった。ただ後半は自分たちが守備えハードワークし、かなり良いサッカーができてある程度は主導権を握ることができた。もちろん勝ったことも良いが、アウェイで攻める姿勢を忘れることなく最後までプレーでしたことが良かった」

 

――2対1という結果は第2戦に向けてどれくらい影響する?

「まだ半分なのでそこまで影響はないかなと思う。鹿島はすごく良いチームなので、2試合目もタフな試合になることは想定できる。(第2戦は)ホームゲームなのでサポーターの方たちの力を借りてしっかり勝ちたい」

 

――1点目は直接FK、2点目もFKのこぼれ球からだった。FKという武器については?

「確かに結果的にはセットプレーだが、押し込んでいるからこそセットプレーにつながっている。自分たちが相手のファウルを誘ったりCKを誘ったりしたことがゴールにつながったと思う。でも今日のCKは良くなかったと思うし、そこはもっと成長しないといけない、良くならないといけない」

 

――後半アディショナルタイムで同点に追いつかれたが、すぐに勝ち越しゴールを奪った。チームの精神的な強さについては?

「精神面でも成長していると思う。1対1で終わっても良いところでしっかりと2点目を狙う、最後まで攻める姿勢を忘れていない。ここ2ヵ月間を振り返っても自信がついた結果で、精神面も強くなったと思っている」

 

MF 9 大津 祐樹

「相手ボールになった瞬間は自分たちにとってもマイボールになりやすいタイミング。ウチは攻撃がウリのチームだけど、その中で自分が守から攻のスイッチ役になろうと思ってプレーしている。今日も相手に好きなようにさせないことを意識して、自分がボールを取り切れなくてもプレッシャーに走った。鹿島は強い。守備がオーガナイズされているし、中盤の選手たちも強い。でもウチもチームとしてやることが明確になっているし、自分は得点に絡めなくても誰かが決めてくれる。今は最高に居心地がいい」

 

下バナー

(残り 1168文字/全文: 2105文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ