「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

遠藤渓太が練習内容の説明に耳を傾ける。ウーゴ・ヴィエイラや仲川輝人の好調ぶりに刺激を受け、自身も貪欲にゴールを狙う [練習フォトレポート]

 

鹿島アントラーズとのルヴァンカップ準決勝第1戦を2-1で勝利し、有利な状況で日曜日の第2戦に臨む。リーグ戦と合わせて公式戦4連勝を飾り、チームの雰囲気は今年最高と言っていいだろう。カップ戦タイトルへの挑戦権を勝ち取るために、第2戦も勝利あるのみ。練習グラウンドでは明るい表情が多く、オンとオフがしっかり切り替わっているように見えた。

 

 


準決勝第1戦で見事な直接FKを決めた天野純。「FK以外は何もしていない。最低限の仕事」と自己採点は厳しく、第2戦に向けて気合いを込めた。

 

練習直前、ウーゴ・ヴィエイラが吉尾海夏に絡んでいた。二人はウォーミングアップ中もじゃれ合いながら楽しんでいた。

 

栗原勇蔵が満面の笑みを浮かべる。最近はイッペイ・シノヅカと楽しそうに会話するシーンが多い。

 

 

PREMIUMコースとは

(残り 912文字/全文: 1300文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ