本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「マリノスは伝統あるチーム。でもそれは過去の偉大な選手たちが作ってくれたもの。自分たちが強いマリノスを作っていけるように、そのために優勝したい」(天野)他 [鹿島戦後コメント]

 

【コメント】

アンジェ ポステコグルー 監督

「目標は達成できたかなと思っている。両チームともすべてを出し切った。前半は自分たちのチームだった中で、後半は鹿島がなぜ歴史的に強いチームなのがわかる試合だったし、かなりのプレッシャーを与えられた。ただ、目標は達成できた」

 

――後半、鹿島に押し込まれた原因は?

「間違いなく言えるのは、相手が良いチームということ。ACLや天皇杯でも勝ち残っていて、リーグでも3位。後半に関しては捨て身の攻撃で来られる状況だったと思う。それに自分たちは対応しなければいけなかったが、選手は最後まで体を張ってくれた。プロセスのひとつとして勝つことも覚えていなかいといけない中で、今日は勝ちではなかったが決勝に行くに値するパフォーマンスを見せることができた。後半も良いカウンターができていれば3点目を取れたと思っている」

 

――1対1で強さを見せたと思うが?

「前半はボールを動かすのが速かったし、1対1の場面も良かったと思う。後半はボールを動かすのが遅かったことによって、相手にプレッシャーのチャンスを与えてしまった。ただ言えることはこの2試合を通して強い相手でやることでチームとしても成長できた。これからもっと良くなっていくと思う」

 

――決勝進出した率直な感想は?

「もちろん目標は優勝することだが、Jリーグに来て1年でタイトルを獲るチャンスがあることをとても楽しみにしている。2013年以来、クラブがタイトルを獲っていないということで、自分がここに来たのはタイトルを獲れるようなチームにするため。このルヴァンカップは毎試合ホームでもアウェイで点を取っているし、神戸やガンバ大阪を倒し、今日は鹿島を倒した。強いチームとやりあってきたと思う。良いパフォーマンスをしていたので、決勝進出に値する内容だったと思う」

 

 

FW 7 ウーゴ ヴィエイラ

「(先制点について)テル(仲川輝人)が右でボールを持ったので、ニアサイドにボールが来ると思った。でもボールは来なくて、ペナルティエリアの中で待っていたら(天野)純のシュートのこぼれ球がやってきて決めることができた。相手は鹿島という強いチームだったし2-2まで追い詰められてしまって、最後はヒヤヒヤした。でも自分たちはしっかり主導権を持って戦えたと思う。決勝戦も今まで通りのことをやれば優勝できる。一体感があるし、チームが団結している。そして自分の仕事はゴールだけではない。プレスをかけることや、苦しい時にキープしてファウルをもらうことも仕事。チームのためにできることをやって、マリノスとして優勝したい」

 

MF 9 大津 祐樹

「最後はベンチでソワソワしていたけど、決勝戦に進めてよかった。いつも通り今までのやり方で、自分がスイッチになってやろうと思って、前半はチームとしても完璧にやれていた。後半についてはハーフタイムにコーチと話して、点差に余裕があったら前半にカードをもらった自分を替えてほしいと言った。この戦い方をやっていく中で、自分の位置がしっかりプレッシャーをかけることが大事で、それはカードをもらっている自分よりもキー坊(喜田拓也)が100%の力でやったほうがいいと思った。交代する時間もある程度決まっていた」

 

MF 6 扇原 貴宏

「前半はピンチもあったけど自分たちが狙いとするサッカーができた。それで2点取れて折り返せたのは良かった。でも後半に相手に押し込まれて2-2になってからはヒヤリとさせられた。自分たちの攻撃になっても簡単にシュートを打って終わってしまって、もう少し押し込む時間帯を作ってカウンターを食らうリスクを減らしたかった。そのあたりの賢さは今後に向けて必要。最近はようやく自分たちのサッカーで結果が出るようになって、これで優勝すれば自信になるし、注目も集められる」

 

下バナー

 

DF 24 山中 亮輔

「チームとして前半は良かったけど、個人的には最初にいらないファウルでイエローカードをもらってしまったのが反省材料。その次のハイキックのところでも審判に注意されて、自分のプレーができなくなってしまった。最後は苦しかったけど、なんとか守り切れたことが自信になる。決勝で勝って優勝できればもっと自信になる。今年の元日は天皇杯決勝で悔しい思いをした。今度は同じ埼スタで借りを返したい」

 

MF 14 天野 純

「前半は相手が力を温存していると感じたので、行けるところまで行って点を取って追い込もうと思った。1点目は狙ったパスではなく、シュートブロックされたボールが自分に当たってウーゴ(ヴィエイラ)のところに転がった。2点目は自分たちの形からアシストできて、アントラーズの選手もついて来られなかった。後半は焦りながらやっていたけど、もし2-3になって逆転されたら決勝に進めないことを知らなかった。2-2になった時にタカ(扇原貴宏)と話して知った(笑)。でもチームとしてこうやって守り切れて良かった。マリノスは伝統あるチーム。でもそれは過去の偉大な選手たちが作ってくれたもので自分たちは何もやっていない。今度は自分たちが強いマリノスを作っていけるように、そのために優勝したい」

 

FW 11 遠藤 渓太

「今日も最初のドリブルで相手を抜くことができて、その後も自分のリズムでプレーできた。ドリブルだけでなく(天野)純くんにパスを出すことでゴールも生まれた。ただ、相手を抜いたあとにファウルで止められてしまった。そこは倒れずにやり切る強さも必要。FKが失敗したら攻撃が終わってしまう。後半、相手が前に人数をかけてくるのは分かっていた。その中で押し込まれたのは事実だし、2点取られたのも事実。自分のところから仕掛ける回数も減ってしまった。そのあたりは次への課題にしたい」

 

GK 21 飯倉 大樹

「良かった、ホッとした。あのまま3点目を決められてもおかしくなかった。(1失点目について)リスクあるプレーだったけど、その前に2~3回上手くボールをつなげたのでつなごうとした。自分のミスで流れが変わってしまったのはオレの責任。最後はカウンター合戦になってしまったけど、自分たちのサッカーを貫いて決勝に進めるのは良かった。でも自分のミスがよかったわけではない。前半を2-0で折り返せたけど、オレのミスで鹿島にパワーを与えてしまった。ただ、今日の目的は決勝に進むこと。最後は押し込まれたけど強いメンタルでプレーできたと思う」

 

FW 19 仲川 輝人

「(得点について)あれがマリノスのサッカーで、監督が目指しているゴール。(天野)純くんにパスが出た瞬間に、ラストパスが来ると思って自分もゴール前に入っていった。信じることがゴールにつながったし、練習がこのプレート結果につながることを証明できた。これからもああいうゴールを決めていきたい。ここまで来たら優勝を勝ち取りたい。チーム一丸となって、みんなでハードワークして、マリノスのサッカーで優勝したい」

 

 

選手・関係者コメントは、複数の報道社を交えた囲み取材から収録されています。
必ずしも本誌記者の質問に応じていただいたものだけとは限りませんのでご了承ください。

 


当サイトの内容、テキスト、画像等を無断で転載・使用することは著作権法により禁止されております
All rights reserved.Unauthorized duplication is a violation of applicable laws.


 

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック