鹿児島とたこ焼きとTENGA(海江田哲朗)【J論】

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

年の瀬の期限付き移籍の発表ラッシュ。小倉勉スポーティングダイレクターは「どんな選手も試合に出なければ成長できない」と語る [来季のチーム編成についてvol.3]

 

 

年の瀬に向けて、期限付き移籍の発表ラッシュとなった。

27日、FW和田昌士(21)とMF堀研太(19)がブラウブリッツ秋田(J3)へ、28日にDF生駒仁(19)とFW町野修斗(19)がギラヴァンツ北九州(J3)へ、そして西山大雅(19)がラインメール青森FC(JFL)へ、それぞれ期限付き移籍することが発表された。

今年、プロ3年目の和田とルーキーイヤーを過ごした他の4選手はリーグ戦での出場機会がなかった。小倉勉スポーティングダイレクターは就任直後から「どんな選手も試合に出なければ成長できない」と話し、期限付き移籍を積極活用する方針を示していた。武者修行に出る5選手は、それぞれのフィールドで経験を積むと同時に、下位カテゴリーでしっかりと結果を残さなければならない。

それらと少し意味合いが異なるのが、ベガルタ仙台に期限付き移籍するMF吉尾海夏(20)だ。

 

 

下バナー

(残り 430文字/全文: 831文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup 吉尾海夏 和田昌士 堀研太 生駒仁 町野修斗 西山大雅

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック