サッカーパック『今週の宇都宮徹壱おすすめ3本』

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「結果が出なかったことについては悔いが残る」(山谷)・「ユースでもっと自分の武器を磨いて、トップチームで通用するようになりたい」(ブラウン・ノア) 他 [湘南戦後コメント]

 

【コメント】

アンジェ ポステコグルー 監督

「残念なゲームだった。特に前半は自分たちのサッカーができなかった。後半になってしっかり自分たちのサッカーができてチャンスを作れたが、そのチャンスを生かせなければ相手にやられてしまう。やはり決め切らないといけない。総合的に残念な試合だった」

 

――1点目も2点目も背後を簡単に突かれ、ボールの出どころにプレスをかけられていなかったと思うが、どう考えている?

「2点目はオフサイドかなと思ったが、それよりも後半になって相手よりもチャンスを作ったことが大事。ただボックスに入っていったところで決めないと何も言えない」

 

――ルーキーの山谷を先発で使い、ユース所属のブラウンノアを途中で使った。若い彼らの評価は?

「山谷は今年からトップチームとして契約したプロ選手で、まだまだ成長しなければいけないがよくやってくれた。ブラウンノアについては自分たちにケガ人が出ている中で、彼らを使いながらケガ人の復帰を待たなければいけない」

 

GK 1 パク イルギュ

「先週の札幌戦は相手がプレッシャーをかけてこなかったので、自分のところで難しいプレーを要求される場面がなかった。今日はJ1屈指のプレッシャーをかけてくるチームだった。ビルドアップでできた部分と、もっとチームの助けにならないといけない場面があった。自分のところにボールが戻ってくる時は難しい場面が多い。そこで自分がボールをしっかりつないであげれば局面を打開できる。そこがちょっと足りなかった。シュートストップは自分の特徴でもあるけど、90分で2点取られている。1失点目も自分が動くのが少し早かった」

 

MF 7 大津 祐樹

「失点のところは2失点とももったいなかった。でもこのやり方でやっていると仕方ない部分もある。攻撃で得点が0点に終わったのは自分たちの責任。前半は特にゴールキックの場面で相手のプレスにハマっていた。チャレンジしていないわけではないけど、もう少し打開できる策を見つけないといけない。(連戦について)どんな状態でも試合に出たいと思うのが選手。その中でチームを勝たせることができなかったのは残念」

 

下バナー

(残り 1522文字/全文: 2437文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック