「残留請負人」前讃岐監督・北野誠が語るJ2監督論。魔境を生き抜く極意とは?(J論)

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(初ゴールについて)素直にうれしかった。ドゥシャンが『詰めろ』と言ってくれていて、たまたま自分のところにボールが来た」(山谷) 他 [長崎戦後コメント]

 

【コメント】

アンジェ ポステコグルー 監督

「すごく残念な気持ちでいっぱい。選手たちはすごくハードワークしていて、ゴールを奪えるところもたくさんあったと思う。だが最後の最後で失点してしまって同点になってしまい、本当に残念な結果になった」

 

DF 2 ドゥシャン

「昨年もこういった試合があって、そこから学ばないといけない。最後の最後に相手に得点を与えてしまった。あれは防げた失点だと思う。ボールを簡単に相手に渡してしまった。こういった失点は初めてではないし、最後の1分まで集中を保たなければいけない」

 

GK 21 飯倉 大樹

「自分たちのサッカーとしては距離が遠かった。相手のレベルに合わせてしまったので、自分たちの質をもうちょっと上げないといけない。選手間の距離が遠いとミスが起きてしまう。このメンバーであまり試合をしていないけど、次に向けて改善していきたい。2点ともあっさり取られたけど、失点はそういうもの。『たられば』になるのは良くない。チームとしては全員で失点して、全員で得点している。誰かのせいではなくみんなの責任。もちろん自分としては、次は止められるように頑張りたい」

 

下バナー

(残り 1160文字/全文: 1661文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック