【サッカーパック人気5位】 「つながっている感覚がもう少しほしい」と、竹田忠嗣。北野サッカーを具現…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

開幕から主力の3選手を先発から外す荒療治。ホームに4万人超の観客が詰めかけるビッグマッチに、不甲斐ない試合は見せられない [J12節 神戸戦プレビュー]

 

負ければ何かを変えたくなる、それが監督の性なのだろうか。

先週末、セレッソ大阪に0-3で敗れた。開始直後の失点でリズムを崩したのは間違いないが、それを差し引いてもミスが多すぎた。個々を見ても低調な選手は少なからずいた。むしろ良かった選手を探すほうが難しい。

だから、次の試合に向けて、てこ入れを図るのは当然かもしれない。何が問題で、何を向上させたくて、だから何をするかが大事だ。目をそらさず振り返り、しっかり反省し、次への教訓にする。変えるにしても、意図や狙いをもって手を加えるべきだろう。

試合前日のコンビネーション練習で、主力組から天野純や三好康児、広瀬陸斗が外れていた。

 

下バナー

(残り 1091文字/全文: 1388文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック