【サッカー人気2位】急ハンドルを切るときの巧みさ。長谷川健…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

湘南が仕掛けるプレスの徹底具合はリーグ随一。畠中とチアゴのディフェンスラインにとどまらず、GKパクにもプレスの網を仕掛けてくるはずだ [J13節 湘南戦プレビュー]

 

ヴィッセル神戸を4-1で、ジュビロ磐田を4-0で撃破し、今季3度目の2連勝を達成した。2試合連続の大量得点で総得点もリーグ首位に浮上。世の中の夏休みよりもひと足早くホームゲーム2試合で花火大会を開催した格好だ。

次なる相手は湘南ベルマーレ。昨季はリーグ戦で1勝1分ながら、ルヴァンカップ決勝という大舞台で苦杯をなめた。今季に入ってからはルヴァンカップのグループステージで対戦して1勝1敗。それぞれコンペティションは異なれども、最近の対戦成績は五分と考えていい。

湘南は間違いなく高い位置からプレッシャーをかけてくる。マリノスはボールを持った状態で相手を押し込みたいが、湘南はボールを持っていない状態でマリノスを押し込んでくる。畠中槙之輔とチアゴ・マルチンスを中心とするディフェンスラインにとどまらず、GKパク・イルギュにもプレスの網を仕掛けてくるはずだ。

そういった類の相手への相性は、正直良くない。湘南が仕掛けるプレスの徹底具合はリーグ随一で、走力と統制に優れている。丁寧に足下でショートパスをつないでいるだけでは餌食になってしまう。

 

下バナー

(残り 565文字/全文: 1042文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ