【サッカーパック人気4位】 鬼門ユアスタで仙台に屈し、今季リーグ戦初の連敗。“危険信号”の黒星に森…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

右斜め45度からの左足シュート。「点を決めるならあの形」と仲川は居残り練習で得意のシュートに磨きをかける [練習レポート]

 

右ウイングとして目覚ましい活躍を見せている仲川輝人が、右45度からの左足シュートに磨きをかけている。全体練習終了後の居残り練習では鋭い切り返しから正確なシュートで何度もゴールネットを揺らし、「点を決めるならあの形だと思う」と自信を深めている。

 

 

ポイントはシュートの前のトラップにある。「ボールの置き場所がしっかりハマれば、シュートコースが少し甘くてもDFがブラインドになるのでGKは反応しにくい」。得意の角度から決めた第9節・鹿島戦と第13節・磐田戦はいずれも思い通りにファーストタッチが決まり、シュートは良い意味で力が抜けていた。「カーブをかけようとし過ぎてもよくないし、ストレートでもない。50%くらいの力で反対側のサイドネットを狙うのが理想」とコツを語る。

 

下バナー

(残り 399文字/全文: 753文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup 仲川輝人

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック