【サッカーパック人気1位】 新里裕之強化部長の辞任について【ニュース】(19.7.17)

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「先発した湘南戦(0-2)で負けた後、僕から連絡させてもらって(飯倉大樹と)食事に行きました」 [パク・イルギュインタビュー(第2回)]

 

【パク・イルギュ選手インタビュー(第2回)】
インタビュー・文:藤井 雅彦
協力:横浜F・マリノス広報室

前回からつづく

 

 

飯倉大樹とパク・イルギュ。マリノスには頼れるGKが二人もいる。

今はリーグ戦でゴールマウスを守っているパクだが、飯倉に向けては「リスペクトしかない」。立場にかかわらず常に尊敬の念を抱いているという。

インタビュー第2回のテーマは『飯倉大樹』。先輩であり、チームメイトであり、特別な存在で。

これまでも、これからも、パクは飯倉を追いかけ続ける。

 

 

――単刀直入に聞かせてください。パク選手にとって飯倉大樹選手とはどのような存在ですか?

「リスペクトしかありません。僕が試合に出ていても大樹くんにいろいろアドバイスをもらっています。仮に今年このままシーズンの最後まで試合に出続けたとしても、ポジションを奪ったという感覚にはならないと思います。大樹くんがいるからこそのプレッシャーもあるし、自分が試合に出続けるために努力できる。いるだけで刺激になる存在です」

 

――「超えた」と思う瞬間は訪れそうですか?

「その気がしません(笑)。だってシゲさん(松永成立GKコーチ)の指導を10年以上も受けて、それで今の大樹くんが作られた。だから本当の意味でポジションを奪える気がしません。大樹くんが出場している試合をスタンドから観ていると、まずビルドアップがめちゃくちゃ上手い。それにセービングの場面でも、難しいシュートを平然と止めてしまう。あらためてすごさを感じます。僕の中で、今後のサッカー人生も変えてくれる人だと思っています」

 

――いろいろな話をするのですか?

「先発出場したルヴァンカップの湘南ベルマーレ戦(0-2)で負けた後、僕から連絡させてもらって食事に行きました。

 

 

PREMIUMコースとは

(残り 1265文字/全文: 2057文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup パク・イルギュ

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック