【サッカーパック人気4位】 【J1第19節分析レポート】川崎フロンターレはなぜFC東京の中央を攻略…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「前節のような苦い思いをしないように、絶対勝つという気持ちでピッチに立った。勝ててうれしい」(エジガル) ・「優勝できるかもしれないという匂いが」(天野) 他 [松本戦後コメント]

 

[コメント]

GK 1 パク イルギュ

「イメージとしては清水戦と同じで、ボールを持たせてもらう展開だった。ゲームの入りは悪くなかったし、前半の前半はチャンスも作れていた。でも前半の後半でペースダウンしてしまった。相手がプレッシャーに来なくなったこともあるけど、自分たちでルーズなパス回しをしてしまった。序盤が悪くなかっただけにこのまま続けていけば点を取れるだろうという雰囲気で停滞してしまった。それで監督からハーフタイムに喝を入れられて、後半はスイッチが入った。ただ相手は前からプレッシャーをかけてきたこともあって難しい展開になったし、もしかしたらミスやセットプレーからの失点で負けてしまうかもしれないという不安もあったけど、そこで(大津)祐樹がしっかり仕事をして勝てたのはチームとしての成長だと思う」

 

MF 8 喜田 拓也

「山雅はいつもとスタートの形を変えてきたけど、それはメンバーを見た時から想定していた。序盤は何が最善策か考えながらプレーしていて、後半は少し形を変えてプレーした。相手は中を絞ってきたのでサイドを使う回数が多くなるのは自然なこと。隙あらば中央を狙っていたけど、それは相手あってのことなので。勝てたのは良かったけど、もっと上を目指せる余地がある。ひとつ勝っただけなので、もっと上を目指したい。前節の反省を生かさなければいけないし、長いシーズンでこういう試合もあるよね、で終わらせてはいけない悔しい敗戦だった。あの悔し過ぎる1敗は戻ってこない。シーズンが終わった時に、あの試合(清水戦)がポイントだった、と言えるようにやっていきたい」

 

 

下バナー

(残り 1121文字/全文: 1813文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック