本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

練習では誰よりも質の高いボールを蹴っているティーラトン。マルコスは「チームには僕とティーラトンがいる」と二人のコンビに自信 [練習レポート]

 

右のマルコスと左のティーラトン。天野純が抜けたセットプレーのキッカーに、二人の助っ人が意欲を見せた。

今季、マリノスのセットプレーからの得点は第3節・川崎フロンターレ戦での扇原貴宏のヘディングゴールのみ(PKを除く)。リーグ最多得点(30得点)を誇るにもかかわらず、この数字はちょっぴり寂しい。

1-0で勝利した大分トリニータ戦後、天野がベルギーへ旅立った。そこで期待されるのがマルコスとティーラトンだ。

 

 

下バナー

(残り 425文字/全文: 643文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup ティーラトン マルコス ジュニオール

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック