再現性の低いサッカーに未来はないのか?風間グランパスとポステコ・マリノスで分かれた明暗(J論)

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

扇原貴宏が戦列に戻ってくる。「信頼できる仲間がいるので、最初から力をセーブするのではなく、いけるところまでいく」 [J19節 浦和戦プレビュー]

 

各チームが補強の動きを活発化させている中で、今節はひとつのヤマ場となるのではないか。ここを乗り切れば移籍ウインドーがオープンし、新たな戦力を加えて選択肢を増やすことができる。

マリノスも例外ではない。すでに加入が発表されている泉澤仁と伊藤槙人がリーグ戦に登録できるのは次節のヴィッセル神戸戦以降。

 

 

さらに海外挑戦を表明した天野純がベルギーへ発った。やや苦しい陣容ながら、明日の浦和レッズ戦を勝利で飾った上で、さらなる戦力拡充を図りたい。

それらと時を同じくして、扇原貴宏が戦列に戻ってくる。

 

 

下バナー

(残り 819文字/全文: 1091文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック