今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(3バックは) 練習していない形」(パク)・「周りの選手も『ポジションどこ?』という感じだった」(伊藤)・「曖昧な部分はあったかもしれない」(畠中)他 [鹿島戦後コメント]

 

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「今日の試合はすごく難しい展開だった。前半は自分たちがやろうとするサッカーができたし、コントロールもできた。後半もそのペースを落とさずに前へ行って同点にできたが、一人少なくなってゲームが難しくなってしまった」

 

――前方の選手の組み合わせを試しながらチャンスを探っていたが、三好選手をトップ下に置いたことによる感触の良さがあれば教えてほしい。

「Jリーグの中でも自分のたちの中でも得点をたくさん取っていた選手がケガで抜けてしまった。その後もFWがいない状況で試合をしないといけなくて今日もそうだったが、いない中で何ができるのかを探した結果だと思う。9番のポジションの選手(エースストライカー)がいない中でどういったオプションがあるのかといった状況で、選手たちはよくやってくれたと思う」

 

――扇原選手が退場してからマルコス選手を下げて伊藤選手を投入した狙いは?

「マルコスはスーパーマンではないので彼だけに頼ることは難しい。我々は9番の選手が4週間いない状況で戦っている」

 

GK 1 パク イルギュ

「相手は立ち上がりからプレッシャーをかけて高い位置でボールを引っ掛けようとしてきた。自分のところにもプレッシャーが来たので長いボールを蹴ろうか考えたけど、最初のプレーでもあったし、それではチームのコンセプトからずれてしまう。相手に勢いを与えてしまう可能性もあった。ブンちゃん(ティーラトン)の状況も見えていたし、悪いパスでもなかったと思う。ただ結果的にあの失点でシンプルに難しい試合になってしまった。(伊藤)槙人を入れて3バックになったけど、あれは練習していない形。選手同士の横の距離感で迷いがあったかもしれない。引き分けでもいいゲームということで槙人が入ったと思うけど、後ろに人数を割いた中で誰が相手を見るのか曖昧になってしまった。5バックにして守ることは分かったけど、どうやって守るのかは理解できていなかった」

 

下バナー

(残り 743文字/全文: 1588文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック