監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

肩に力が入り過ぎることなく、あくまでも自然体で。松原健らしく、右サイドを駆け上がれ

 

リーグ鹿島戦から中3日で臨む天皇杯3回戦・横浜FC戦は、大幅なスタメン変更が予想される。

松原健にとって待ちに待ったチャンスがやってくる。公式戦の出場は5月22日のルヴァンカップ・長崎戦を最後に、3ヵ月近くも間隔が開いている。マリノスに加入してからこんなにも長く公式戦の舞台から遠ざかったのは初めて。左ひざを痛めた影響があったとはいえ、苦しい時間を過ごしてきたのは間違いない。

 

下バナー

(残り 432文字/全文: 631文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup 松原健

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック