【サッカー人気5位】リカルド監督が戦術理解度が高まってきて…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

左サイドのポジションは遠藤渓太とマテウスとの一騎打ちへ。二人が散らす火花は、マリノスをさらに燃え上がらせる [練習レポート]

 

大勝した名古屋グランパス戦の余韻のラストを飾るのは、終盤に相手の息の根を止める2得点を奪った背番号11だ。

契約の都合でマテウスが出場できないことがきっかけで回ってきた出番だった。前節のセレッソ大阪戦は加入間もない同選手にスタメンを譲っていた。チームの和を乱すような振る舞いは見せずとも、その心中は穏やかではなかっただろう。プロ選手ならば当然の感情でもある。

 

 

試合では序盤から積極的に仕掛けた。周りにスペースのある状態でボールを持った時は得意の縦突破を意識し、相手の警戒心を駆り立てていく。すると今度はフォローに走るティーラトンや扇原貴宏をシンプルに使い、もう一度自分が優位性を保てるようにDFの意識を分散させていく。このあたりの柔軟性がプロ4年目の成長と言っていいだろう。

地道な積み重ねが結実したのは78分だった。

 

下バナー

(残り 346文字/全文: 726文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 遠藤渓太

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ