【サッカー人気5位】2位・名古屋相手に被シュートゼロの“完…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

苦しんだ8月を勝利で締めくくれるか。布陣の最適解を見つけることが鍵 [J25節 G大阪戦プレビュー]

 

 

名古屋グランパス戦は3連敗という苦境を脱したことに最大の価値があった。5得点は対戦相手の性質に試合展開や判定といった要素が加わったもので、気分を爽快にさせてくれたのは間違いないが次の試合に向けては何も担保してくれない。一度忘れて明日の試合に向けて気を引き締め直したい。

対戦相手のガンバ大阪は現在14位と苦戦しており、最近は5試合連続ドローと勝ち切れない試合が目立つ。夏の移籍ウインドーでパトリック、宇佐美貴史、そして井手口陽介が“復帰”した。今野泰幸や藤本淳吾といったベテランの実力者、中村敬斗や食野亮太郎といった将来有望な若手がチームを離れたが、それを補って余りある戦力が揃った。あとは組み合わせと布陣の最適解を見つけることができれば、浮上の余地はおおいにありそうだ。

夏にメンバーが入れ替わったのはマリノスも同じで、名古屋戦では仲川輝人の3トップ中央起用に目処が立った。アジリティの高さを生かした裏抜けはピッチの場所を選ばず、常に相手に脅威を与える。

 

下バナー

(残り 717文字/全文: 1156文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ