【サッカー人気1位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

高野遼はマテウスと良好なコンビネーションを見せ、ティーラトンが復帰する次節以降もスタメン出場できる可能性と価値を示した [J27節 仙台戦レビュー]

勝ちたかった。そのチャンスは十分あっただけに、特に両チームが間延びし始めた後半に2点目を決めていれば勝ち点3獲得に大きく近づいていただろう。しかし、あとほんの少しの精度と運が足りなかった。チャンスは多くの選手にあったので、誰か一人に責任の所在があるわけでもない。

勝てたかもしれないゲームが引き分けに終わって勝ち点2を失ったという見方もあるが、対戦相手のベガルタ仙台の頑張りも称えられて然るべきだろう。かつてJ1で優勝を争ったシーズンを彷彿とさせる4-4-2の布陣はしっかり統制がとれていた。マリノスボールの守備時も引きすぎることなく、隙あらば全体を押し上げてプレッシャーをかけてきた。

さらに仙台は攻撃でもしっかりと武器を持っていた。前線に配された長沢駿は、チアゴ・マルチンスや畠中槙之輔を高さという特徴で上回ってチャンスに関与。ハモン・ロペスは相変わらずのパンチ力と存在感でマリノスを苦しめた。

そんな力ある相手にマリノスが記録したゴールは、実に素晴らしく、誇らしかった。

 

下バナー

(残り 729文字/全文: 1170文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ