【サッカーパック人気3位】 攻めの姿勢で大宮から勝点を奪取。残り2戦、逆転残留に向けて溢れる前向き…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

公式記録の得点経過には、マルコスが起点になっている。しかし実際に起点になったのは扇原貴宏だった [J30節 鳥栖戦レビュー]

 

 

先制点を決めた遠藤渓太を中心に、歓喜の輪が出来上がった。アシストしたティーラトンや、いつもニコニコ笑顔のエリキが遠藤を祝福する。仲川輝人の負傷によって先発のチャンスを得た背番号11が、これ以上ない一発回答だ。

その輪から少し離れたところで喜びをかみしめる選手がいた。ベンチに座る大津祐樹や李忠成、広瀬陸斗らとハイタッチをかわし、小さくガッツポーズを作る。

扇原貴宏だ。

 

下バナー

(残り 902文字/全文: 1102文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック