【サッカー人気4位】【プレビュー J2第10節 福岡-甲府…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

マリノス全選手が選ぶMVPにチアゴ・マルチンス ・・・「チアゴが戦術になっている」(杉本)・「ラインの裏に抜けてもチアゴが飛んで来る」(李)・「突破するパターンはほとんどない」(山谷)

選手が選ぶMVP(1)からつづく→

 

 

【2位】 DF 13 チアゴ マルチンス  (7票)

 

 

守備の要が2位に入った。圧倒的なスプリント能力を武器にピンチの芽を摘む背番号13は「お金を払ってでも見たいセンターバック」としてその名を轟かせた。

まずは同じセンターバックからの評価を並べたい。

シーズンを通してコンビを組んで畠中槙之輔は「チアゴのおかげで成長できた」と感謝。伊藤槙人が「今まで見た中でも一番のセンターバック」と感服すれば、栗原勇蔵は「ルーズボールをマイボールにできる確率が高いから、攻撃陣が生きる。間違いなくこのサッカーに合っている。チアゴを基準に考えられると他のセンターバックはちょっときつい」と独特の言い回しでポテンシャルの高さを評価した。

 

 

GK目線での評価も高く、「マリノスのサッカーに触れてみて、ハイラインになったとのスペースが大きなポイントになる。そういう意味でチアゴのスピードやカバーリング能力にだいぶ助けられている」(中林洋次)….

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

 

「チアゴが戦術になっている。自分が出場している時も、すごくやりやすかった。100%の確信がないボールは出て行かなかった。少し時間があればチアゴは帰ってきてくれるし、追いついて、追い越せる。GKのスタートポジションにも大きな影響を与えた選手」(杉本大地)と絶賛の声が。

 

 

最後にアタッカー目線でのコメントも紹介したい。

豊富な経験を持つ李忠成は「このサッカーは攻めよりも守りが難しい。カバーリング範囲の広さにチームが助けられているし、チアゴの良さが最大限生きるサッカー。紅白戦で対戦した時は、自分がラインの裏に抜けてもチアゴが飛んで来る。追いつかれることを計算してプレーしないといけないのは脅威」と脱帽。ルーキーの山谷侑士は「速いイメージがあるから、縦に行き切れないし、足も長い。完璧に裏を取らないと抜けない。突破するパターンはほとんどない」と練習で対戦している選手ならではのコメント。そして日本代表に選ばれた遠藤渓太は「Jリーグのレベルではない。チアゴと練習できていることが幸せで、世界の一流プレーヤーと対戦しているのと同じ。自分の中にワールドスタンダードができた」と自身が成長する上でも大きな意味があったことを明かした。

 

→つづく

 

tags: チアゴ・マルチンス

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック