【サッカー人気4位】やはり強かった川崎フロンターレ。森重真…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

オナイウ阿道の完全移籍加入。現状では期限付き移籍中のエジガルの去就が流動的。さらにACLの外国人選手枠を踏まえた日本人ストライカーの獲得は必須だった

 

 

マリノスは23日、レノファ山口FCからDF前貴之(26)を、さらに浦和レッズから大分トリニータに期限付き移籍中のFWオナイウ阿道(24)を、いずれも完全移籍で獲得することを発表した。

前はコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)の育成組織出身で、プロ入り直後はボランチの選手だった。トップチームに昇格してからサイドバックに転身し、2017年からは山口へ。今季はリーグ戦37試合に出場し、右サイドバックのほかにセンターバックもこなす自在性を発揮していた。

以前からサッカーセンスを評価されているプレーヤーで、向上心の高さも大きな魅力だという。

 

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 336文字/全文: 631文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: オナイウ阿道 前貴之

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック