【サッカー人気2位】準備が功を奏した部分と修正されない穴 …

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

京都へ移籍が決まった中川風希は「次のステージに進めるのは琉球のおかげ」と古巣に感謝の言葉。そして、お世話になった大津祐樹にも感謝のメッセージを送った

 

 

中川風希が京都サンガF.C.へ完全移籍することが発表された。

今シーズン開幕後の3月にJ2・FC琉球から加入した中川。リーグ戦では3試合の出場にとどまった。定位置を確保できたとは言えないが、だからといって彼のサクセスストーリーが色褪せることはまったくない。

持ち前の高い技術はトップ下のポジションで最も生きる。しかし同じポジションには得点王とベストイレブンをダブル受賞したマルコス・ジュニオールがいた。そのため主な出場機会はカップ戦に限られてしまった。

 

 

しかし、そこでのパフォーマンスとFC琉球時代のプレー内容が高く評価され、今オフは複数のオファーが届いた。中川はマリノスと複数年契約を結んでいるため残留する選択肢もあったが、出場のチャンスが大きくなる移籍を選択したのは自然な流れかもしれない。京都が移籍違約金を支払う形で、マリノスは中川を送り出す。

選んだチームは、J2の京都だ。「光栄なことにいくつかオファーをいただいた中で、京都のポゼッションサッカーが魅力的でした」。狭いエリアでも正確なテクニックを発揮できるのが中川最大の武器。J1昇格を目指す京都で活躍するシーンは想像しやすい。

 

 

一念発起でマリノスにやってきた。だからマリノスの一員としてもっと輝きたかった。そんな無念の思いは少なからずあるが、中川は視線を真っ直ぐにして言う。

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 582文字/全文: 1187文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 中川風希

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック