【サッカー人気3位】Jリーグと東京都に見る「3密」対策の違…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

去就が懸念されていたエジガル・ジュニオの残留が決定的。フロントは決定力の高さと日本人顔負けの協調性に溢れる人柄を高く評価。エジガル自身もマリノスでのプレーを希望

 

去就が懸念されていたブラジル人ストライカーの残留が、今日までに決定的となった。

今季から加入したエジガル・ジュニオはリーグ戦16試合出場で11得点と抜群の決定力を誇る万能型ストライカー。多彩なフィニッシュパターンだけでなく、献身的なポストプレーや守備への貢献度も高く、前半戦のマリノスをけん引したひとりだった。

しかし7月20日のヴィッセル神戸戦で左足首を骨折し、無念の離脱。ブラジルに一時帰国して手術を受けた後、再来日してトレーニングに復帰したが、長期離脱によるコンディションと外国人枠の問題があり、公式戦には復帰しないままシーズンを終えていた。

 

 

それでもフロントはエジガルの決定力の高さと日本人顔負けの協調性に溢れる人柄を高く評価。負傷する前後の夏時点から契約延長に向けた動きを水面下で開始していた。

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 482文字/全文: 855文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup エジガル・ジュニオ

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック