【サッカー人気5位】【コラム】リーグ再開で重視したいプレー…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

(ビルドアップ時のパスミスについて)「そこは正直どうでもいい。人生でもサッカーでもミスは必ず起きる。個人のミスのところを見るつもりはない」(ポステコグルー) 他 [神戸戦後コメント]

 

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「プレシーズンの試合をしているような感じを受けた。特に前半45分は、まったくもって自分たちのサッカーができなかった。後半45分はしっかり自分たちのサッカーができて、もう少しで勝利が見えていた部分もあった。エラーのなかで失点したし、最終的にPKでの決着になったが、残念だ」

 

――去年の形に戻した後半はさすがの攻撃力や連動を見せたが、新しい選手が入った前半はぎこちなさが見えた気がする。もう少し前半の評価をしてもらいたいのと、オナイウ選手の交代はもともと決まっていたのか?

「見て分かるとおり、前半はナーバスになっていた部分があった。特にパスを出すときの自信がなく、それが目立ってしまった。後半は自分たちのサッカーを見せられた。コンディションが良い状態のなかで前半は残念だった。自分たちのサッカーをやっていくことが大事だし、この試合から学んでいかないといけない部分はある。失点は小さなミスからだし、そこから学んでいかないといけない。オナイウは45分で交代したが、それはエジガルが100%ではないなかで使ってみたかったというのもあるし、オナイウは戦術を理解しつつある状況のなかで良かったと思う」

 

――後半の2失点のような形は今年狙われると思うが、どのように改善していくのか?

「どこが相手だろうが、一番大事なのは自分たちのサッカーができるかどうか。神戸は個々で能力の高い選手がいる。いろいろなチームが斜めのボールを出そうとしてくるが、自分たちがどうしていくか。コントロールできなければああいう展開になってしまう。コントロールして自分たちのサッカーをやっていくことが大事で、いつもそれを考えている」

 

 

――前半のビルドアップのふたつのミスについて聞きたい。ひとつは喜田選手が奪われたCKになった場面。もうひとつは失点につながったチアゴ選手のパスミス。いずれもGKが後ろ向きの選手にパスを出している。そういう状況でGKはパスを出すべきではないのか、あるいはミスをした選手の問題なのか。監督はどのようにジャッジしている?

 

 

下バナー

(残り 2264文字/全文: 3173文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック