【サッカー人気1位】大槻さんらしさも感じた対3バック レー…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

視線は早くも19日のホーム・シドニーFC戦へ。遠藤渓太は「こういう時こそ地に足をつけて戦う。自分たちが強いと過信してはいけない。常にアップデートしていかないと」とさらなる進化を目指す

 

マリノスは14日、横浜市内でシドニーFC戦に向けたトレーニングを再開した。

12日の全北現代戦に先発した選手はリカバリー中心に、軽めのメニューを消化。その他の選手は強度の高い練習をこなし、右ひざ打撲で遠征に帯同しなかったエリキは別メニュー調整となった。

完勝と言っていい内容で勝利したACL初戦。しかし選手たちは満足感に浸ることなく歩を進めている。

バイタルエリアに侵入してからの鋭いスルーパスでチャンスを創出した松原健は「75分くらいまでは良かったけど、そこからは相手に退場者が出たのに失点した。自分自身もエネルギー切れで小さなミスが増えてしまった。もっと突き詰めていきたい」と堅い表情を崩さない。

 

 

ボランチとしてゲームコントロールした扇原貴宏も、同じように次への修正点を口にする。

 

 

ヨコエク

(残り 384文字/全文: 752文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック