遠距離恋愛サポは切り捨てられてしまうのか(J論)

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「そろそろ入るんじゃないですか(笑)」(仲川)・「チャンスはたくさん作れるチームなので、ゴール以外の場面をしっかりプレーしていればゴールに近づく」(オナイウ) 他 [シドニー戦前コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「明日の試合を楽しみにしている。ACLの1試合目は本当にいいサッカーができて、結果を残せた。明日はホームゲームなのでサポーターのためにもいいサッカーをしたい。(シドニーFCには代表チームなどで指導した選手がいるけど意識する?)何人か教え子はいるが、特に意識しない。シドニーFCはいいチームでオーストラリアでも結果を残している。タフなゲームになるだろう。(1週間前のアウェイゲームはタフだったが現在のコンディションは?)アウェイゲームの数日前には神戸とゼロックス・スーパーカップを戦った。リカバリーが難しい中で唯一、畠中だけケガで明日の試合は出ない。他の選手はいいコンディションにある。(ACLへのモチベーションと第1戦を勝って臨む2試合目の意気込みは?)明日は明日で大事なゲームで、タフな試合になると思っている。突破のことではなく、目先の試合に集中したい。これが終わればJリーグが開幕する。明日の夜も自分たちのパフォーマンスを出していきたい」

 

MF 8 喜田 拓也

「第1戦はアウェイだったけど、いい形で勝てた。でもまだ何も決まっていない。明日はホームゲームだし、自分たちらしい戦いをしたい。(シドニーFCの印象は?)対戦相手として最低限のリスペクトはするけど、一番大事なのは自分たちのパフォーマンスを出すこと。そうすれば結果を出せる自信が自分たちにはある。(ACLへのモチベーションと第1戦を勝って臨む2試合目の意気込みは?)JリーグとACLは違う大会だけど、目の前の試合を勝ちにいくことは変わらない。過去に決勝トーナメントに行ったことがないのであれば、僕たちはアンジェ監督と信じて貫いてきたサッカーに自信を持っているし、僕たちはマリノスが変わりつつあるところを見せていくべきだと思っている。その一歩として明日の勝利が必要になる」

 

 

 

MF 6 扇原 貴宏

「全北現代は特に後半に入ってからフィジカルを前面に押し出してファウル気味のプレーが増えてきた。でも、そういった中でもテンポよくボールを動かせた。明日は今年最初のホームゲームでもあるし、そこで自分たちのサッカーがどれだけできるか。全北現代戦は自信になっているし、それを明日のゲームでも発揮したい。相手のことは正直よくわからないけど、試合の入りがすごく大事になる」

 

 

 

ヨコエク

(残り 878文字/全文: 1887文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック