【サッカー人気2位】カテゴリーを越えた地域分割案はありうる…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

シドニーFC戦でのゴールのチャンスを振り返り「今日も決めたかった」と扇原貴宏。扇原の変化は、ライバルたちのプレー内容にポジティブな影響をもたらしている

 

 

公式戦開幕のゼロックス杯・ヴィッセル神戸戦で扇原貴宏がゴールを決めた。

ゴールそのものも素晴らしかったが、相手ペナルティエリア内に走り込んでいたことに価値がある。その後のACLでも同じような場面がたびたび見られ、その回数は昨季に比べて明らかに増えている。「個人的にも数字を残したい」とテーマを掲げ、プレーの選択を意識的に変えているようだ。

 

 

19日のシドニーFC戦では、序盤にチャンスが到来。惜しくも決め切れず、頭を抱えて悔しがる姿が印象的だった。「最近は1試合に1~2回は自分にもチャンスがある。本当は今日も決めたかった」と唇を噛み、チームの勝利とパフォーマンスに満足しながらも、自身としては課題を次に持ち越した格好だ。

 

 

扇原の変化は、ライバルたちのプレー内容にポジティブな影響をもたらしている。

「数字みたいなものは意識していきたい」と結果にこだわったのは、ピッチ内外でいつも冷静沈着な和田拓也である。

 

 

 

ヨコエク

(残り 424文字/全文: 876文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック