【サッカー人気2位】鬼門で完敗。それでも、旅路は始まったば…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

(松永成立GKコーチは)「まるで“辞書”。ページを開けば答えがある」。オビ・パウエル・オビンナは、最高の指導者とともにプロデビューに向けて爪を研ぐ

 

 

 

しなやかに伸びる長い手足で際どいシュートをことごとくセーブし、抜群の跳躍力でゴール前の空中戦を制す。捕球後は素早いスローインやフィードで攻撃の起点となり、存在感を示す。

最近はコーチングでも進捗著しい。ピッチに立てば年齢は関係なく、GKとしてリーダーシップを取らなければいけない。先輩選手に対しても自身から積極的に声を発することで、守備陣の集中力を保って失点を減らそうと試みる。

オビ・パウエル・オビンナ、22歳。来たるプロデビューの日を思い描き、今日もグラウンドで大粒の汗を流す大卒ルーキーだ。

 

 

守護神争いの現状はパク・イルギュ、梶川裕嗣が試合に出場し、中林洋次とオビが3~4番手という位置付けだ。そのためリーグ戦ではベンチ入りすることすらままならない。

 

 

しかし決して下は向かない。

「試合に出場することが簡単ではないことはわかっていた。だからといって今の立ち位置でいいやとは思っていない。常に一番手を狙う気持ちで練習から取り組んでいる」

 

 

 

ヨコエク

(残り 712文字/全文: 1187文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: オビ・パウエル・オビンナ

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック