【サッカー人気1位】M&Aのプロフェッショナルが…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「考え過ぎて、ビビっている自分がいるかもしれない」と暗中模索の山本義道。そんな時、山本は原点に立ち返る

 

前所属のツエーゲン金沢では、プロ2年目ながら押しも押されもせぬ絶対的な存在になっていた。

リーグ戦40試合に出場し、守備の要として柳下正明監督が目指すコレクティブなサッカーを体現。自信を養い、さらなる野心をぶち上げ、J1の舞台に殴り込みをかけることに。

 

 

すると昨オフにJ1、J2の複数クラブからオファーが届いた。その中から、あえてチャンピオンチームのマリノスでのチャレンジを決意した。すべてはさらなる高みを目指すために。

ただし、ここまで山本義道は公式戦のピッチに立っていない。チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、そして伊藤槙人に次ぐ4番手センターバックという位置付けで、ベンチ入りすらできていないのが現状だ。

 

 

「ポジション争いが厳しいことはわかっていた。悲観するような時期ではないし、想定内」である。J1王者のチームでいきなりレギュラーを奪取できるほど簡単な世界ではない。そう、頭では理解できている。

しかし、である。いざ試合当日にメンバー外として練習グラウンドに身を置くと、少なからず悔しさや焦りが出てくる。試合出場が当たり前の環境から真逆の立ち位置になったのだから、仕方ないことかもしれない。

 

 

キャンプでは無心で取り組み、とにかくマリノスのサッカーを吸収しようとしていた。まずは本能の赴くままにプレーした。正否を問うのはチャレンジした後で、ガムシャラにトライし続けた。

 

 

ヨコエク

(残り 508文字/全文: 1141文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 山本義道

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック