【サッカー人気2位】攻守に破壊力を示した川崎の4-3-3。…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

渡辺皓太が自身に課すテーマは3つ。 「技術的な質を高める。自信を持ってプレーする。そしてチャレンジする」 ポジション奪取への鍵はそこにある

横浜F・マリノス 変革のトリコロール秘史発売のお知らせ

 

「ボランチが4人いて、今の自分は一番下。誰が見てもそうだと思うし、力不足なのは間違いない。その状況をひっくり返したい」

 渡辺皓太は現状をそうにらみ、反攻に向けてモチベーションを高めている。

 

 

喜田拓也と扇原貴宏のダブルボランチは昨季に引き続き主力を担う。個々の能力の高さはもちろんのこと、ともにキャプテンを担う存在感はチームに欠かせない。チーム戦術とチームメイトの特徴を熟知している強みも持つ“鉄板コンビ”だ。

そこに割って入ろうとしているのが、キャンプから好調な和田拓也だ。優勝を決めた昨季最終戦・FC東京戦でボランチとして先発し、水準以上のパフォーマンスを見せてポステコグルー監督の信頼を勝ち取った。富士ゼロックス・スーパーカップ神戸戦とACL第2節・シドニーFC戦でも途中出場しているように、今季に入ってから出場機会を増やしている。

 

 

対して、渡辺はここまでに消化した4試合の公式戦で一度もピッチに立っていない。それが自身を「一番下」と話す理由だが、だとすれば現在の中断期間はポジティブに働くかもしれない。

本人もそれを理解している。

 

 

ヨコエク

(残り 649文字/全文: 1183文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 渡辺皓太

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック