【サッカー人気4位】小倉SDは天野純について「精神的にもフ…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

松原健から畠中槙之輔へ。試合中、このホットラインのスローインを見たことがあるだろう。右SBから左CBへの展開は、実はかなり珍しいスローインである  [トリコロールを待ちながら]

 

 

 現在、リーグ戦は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中断している。J1は5月9日の再開を目指しているようだが、予断を許さない状況と言えるだろう。

 こんなご時世だからこそ、何か明るい話題を提供できないものか。その思いからヨコハマ・エクスプレスでは連載企画『トリコロールを待ちながら』をはじめる。

 初回の題材は、右サイドバックのレギュラーとしてファン・サポーターから絶大な支持を受ける、あの男だ。

 

横浜F・マリノス 変革のトリコロール秘史発売のお知らせ

 

 

松原健のスローインは美しい。

ボールを受け取るまでの動作が素早く、投げる際の姿勢はどの角度から見ても凛々しい。そして正確かつ迅速に味方の元へボールを配球し、マリノスの攻撃を加速させていく。

もっとも本人は「あまりこだわっていないし、特に練習していません」。あっけらかんと笑う。

練習グラウンドで松原がスローイン練習をしている光景は、たしかに見たことがない。クロスを居残り練習しても、スローインに時間を割くことはない。

 

 

高校1年次にボランチやトップ下からサイドバックにコンバートされ、スローインという仕事に出会った。当時も、そして今も、深く考えて投げていないらしいが、取材を進めていくとそんなことはなかった。

飛距離が特別優れているわけではない。「飛ぶと言われるけど、ロングスローになるほどは飛ばない(笑)」と松原。では、何が優れているのか。

 

 

ロングキックも同じ要領だが、松原のスローインは『遠く』が見えている。そして『遠く』とは相手ゴールに近づくことがすべてではない。

 

ヨコエク

(残り 830文字/全文: 1541文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 松原健

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック