【サッカー人気2位】【千葉vs松本】耳が痛くても聞くべき”…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「同時に入った3人だけではなくて、(控え選手の)みんなで『サブの選手がこの試合を決める』と話していたんです。だから試合が終わってからも『やっぱりオレたちが決めたなー』って笑いました」(水沼) [J3節 湘南戦レビュー]

 

痛快な逆転劇で、今季リーグ戦初勝利だ。

前半はシュート1本にとどまった。ボールを保持して相手を押し込みながらも、チャンスらしいチャンスはエジガル・ジュニオのヘディングシュートのみ。湘南ベルマーレが攻守ともにアグレッシブで手強かったこともあるが、マリノスそのものは昨季の良い時期と比較するとフィットネスやボールフィーリングの点で向上の余地を残している。

後半に入って先制を許すゲーム展開は苦しかったが、ここでアンジェ・ポステコグルー監督が動く。天野純、水沼宏太、オナイウ阿道の3選手を同時投入。交代枠が3人から5人に増えたからこそ実現した3枚替えが、逆転勝利のスイッチになった。戦術的な意味合いよりも、攻撃的な選手を3人同時にピッチに送り込んだことによる“合図”の効果が大きかった。

試合後、水沼は控え選手同士のやり取りを明かした。

 

 

「同時に入った3人だけではなくて、みんなで『サブの選手がこの試合を決める』と話していたんです。だから試合が終わってからも『やっぱりオレたちが決めたなー』って笑いました」

 

 

 

ヨコエク

(残り 1312文字/全文: 1794文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック