【サッカー人気5位】オルンガ、西川潤の移籍のウワサが示唆……

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「どんな結果だろうと、このサッカーとこのチームを信じている。そこに対しての心配は1ミリもない」(喜田) ・「シーズンは始まったばかり。もっともっと自分たちのサッカーを出しながらやっていきたい」(ポステコグルー) 他 [FC東京戦後コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「いいゲームだったと思う。しっかりコントロールできていた。カウンターやセットプレーでやられたが、自分たちはチャンスを作れたし、全体的に見ればいいゲームができた」

 

――守備陣が相手の前線のスピード感とアグレッシブさに手を焼いていた印象だが、その守備陣の評価を聞きたい。

「向こうには個で強い選手がいた。自分たちももっと守備ができた部分もあると思うが、攻撃では自分たちのサッカーができて、そのチャンスを生かし切れなかった」

 

 

――再開後、1勝1分1敗という成績については?

「3試合は全体的にいいゲームができている。みんなを使いながら自分たちのサッカーができている。いい準備をいて、もっと強いチームにして、今シーズンも自分たちのサッカーをやり続けたい」

 

――仲川選手がベンチスタートだったが、連戦でベストなメンバーを組めない難しさはある?

「いろいろなチームですでにケガ人が出ている。それを見ると、自分たちとしては選手をしっかり守ってケガなくやっていきたい。シーズンは長いし、たくさん試合があるので、ベストなコンディションでやっていくために今日のメンバーになった」

 

――今日の試合は、特に攻撃面が再開後で一番よかったと思うが、次への手ごたえはつかめたのでは?

「いいゲームをできたと思うし、続けてやっていくことが大事。このサッカーを続けることで結果はついてくる。守備はもう少しできたかもしれないが、シーズンは始まったばかり。もっともっと自分たちのサッカーを出しながらやっていきたい」

 

 

MF 11 遠藤 渓太

 

――先制ゴールの場面を振り返ってほしい。

「(水沼)宏太くんからいいボールが来るのは練習でわかっていたし、それを信じて中に入っていった。前で(オナイウ)阿道くんがつぶれてくれたので、あとは感覚で合わせるという感じだった」

 

――勝てなかった原因をどう考えている?

「ベンチに下がって試合を見ていて、守備は守備の選手がやって、攻撃は攻撃の選手がやっていて、ちょっと割れてしまっているような感じだった。そこはしっかり意思統一しないと、自分たちを研究してカウンターを狙ってくるチームは多いと思う。先制したゲームで逆転されたことはあまりなかった。でも原因があると思うので、そこはしっかり修正したい」

 

 

――今日は4ヵ月半ぶりにサポーターの前でプレーした。どのように感じた?

 

ヨコエク

(残り 1337文字/全文: 2392文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック