【サッカー人気5位】男女サッカーの明暗、聖火台探訪、そして…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(仙頭の起用について)自分が見ているのはメンバーに入っている選手だけではない」(ポステコグルー) ・「(ゴールパフォーマンスは) 息子に捧げた。JとMでポーズを取った」(エジガル) 他 [横浜FC戦後コメント]

 

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「すごくいいゲームができたと思う。でも横浜FCは最初の1015分はボールをつなごうとしていたし、フィフティーフィフティーの時間だったと思う。その後はチャンスをしっかり決めて、守備もしっかりできて、そして勝ち点3を取れてうれしい」

 

 

――今シーズン初めて中盤の配置を変えたと思うが、システム変更の意図は?

「ケガ人もいるし、今日も何人かケガをしてしまった。いま出られる選手を見ながらアジャストしていくことが大事。今日は仙頭が初スタメンだったが、いい入りをしてくれた。チームを見ながら、いまいる選手たちとアジャストしてやっていかないといけない」

 

――システム変更することによる怖さはあった?

「自分たちはシーズンの初めから伝えているように、4-3-3だろうが4-4-2でも関係ない。自分たちのサッカーをやることが大事で、後半には扇原が入って皆さんが見慣れているやり方になったと思う。なんで変えたとかは関係なくやっている」

 

 

――インテンシティの部分で、序盤は相手にペースを取られたが、次第に持ち直したように見えた。昇格してきたチームに持ち味を思い出させてもらったように見えたが、監督はどのようにとらえている?

「今シーズンはJ2に降格することもないし、相手の監督もいろいろなことに挑戦するだろう。チャレンジだと思うので、それを90分できるかだと思う。プレスにしても、ボール保持にしても、最後の笛が鳴るまで90分できるかどうかで、自分たちをどのように止めるかだと思う」

 

――さきほど序盤は五分五分の展開だったと話していたが、今シーズン初出場の仙頭選手がスペースにうまく入っていって攻撃のキーマンになっていたと思うが、彼を起用したいとや期待していたことは?

 

ヨコエク

(残り 1947文字/全文: 2730文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ