【サッカー人気3位】【山雅探報】元川悦子と激論。柴田新監督…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

育成型期限付き移籍中のMF松田詠太郎が復帰。マリノスは遠藤渓太が移籍、仲川輝人とエリキが負傷離脱と、ウイングの駒が手薄な状態な中、補強が急務になっていた

今シーズンからSC相模原(J3)に育成型期限付き移籍しているMF松田詠太郎(19)がマリノスに復帰することが2日、わかった。一両日中にも正式発表される見通しだ。

 

 

松田はジュニアユース追浜からユースを経て、今季からトップチームに昇格。同時に出場機会を得るため、J3・相模原へ武者修行に出ていた。

相模原ではここまでリーグ戦7試合に出場し、第2節・藤枝MYFC戦でプロ初ゴールとなる決勝点を決めている。右サイドを主戦場とするアグレッシブな局面打開が武器のサイドアタッカーだ。

マリノスは遠藤渓太がドイツ1部のウニオン・ベルリンへ期限付き移籍。さらに仲川輝人、エリキが負傷離脱しており、ウイングの駒が手薄な状態にあった。今月中旬から始まる連戦を見据えて補強が急務になっていた。

 

 

ヨコエク

(残り 625文字/全文: 981文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 松田詠太郎

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック