【サッカー人気5位】最強の敵を前に、浦和が採るべき策とは【…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

FW前田大然、期限付き移籍で新加入。50メートルを5.8秒で駆け抜けるスプリント能力が持ち味。ストライカーポジションが本職だが、遠藤渓太が抜けた左ウイングでもプレーできる可能性も

 

マリノスは3日、J2・松本山雅FCからFW前田大然(22)を期限付き移籍で獲得することを発表した。

大阪府出身の前田は2016年に松本へ加入し、J2・水戸ホーリーホックへの期限付き移籍期間中に頭角を現した。以降、東京五輪世代の筆頭FWとして実績を積み重ね、日本代表の一員としてコパ・アメリカに出場。2019年夏からはポルトガル1部・マリティモに所属していた。

 

 

ヨコエク

(残り 580文字/全文: 776文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 前田大然

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック