【サッカー人気2位】準備が功を奏した部分と修正されない穴 …

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「相模原では常にマリノスのことを意識していたし、早く戻りたい気持ちはあった。早い段階でチャンスがめぐってきて正直ビックリした。ここでチャンスをつかむという強い気持ちを持って臨んだ」(松田) 他 [柏戦後コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「すごくいい試合ができた。選手たちがハードワークし、自分たちがほとんど支配していた。選手一人ひとりがすべてを出し切ってくれた。勝ち点3は取れなかったが、しっかりといい試合ができたと思う」

 

――まだ0-0の時点で同時に3人を交代させたが、どのような狙いがあった?

「いい展開で試合を運べていたが、マルコスやエリキはケガから復帰したばかりだったので90分は難しいと思っていた。そこでフレッシュな選手を投入することでエネルギーをプラスしたかった。投入した3人はよくやってくれたし、交代出場した選手が同点にしてくれた」

 

――ゲームを支配しながら勝ちきれないことが続いているように思う。レギュラークラスの選手が多くなって選手層が厚くなったことが、反対にオートマティズムを作ることに時間がかかっている要因にも見えるが、どのように改善していく?

「いい試合を続けられているので特に心配している要素はない。ケガから復帰した選手がいるし、ケガをしている選手ももう少ししたら戻ってくる状態になっている。前田選手も加入してくれた。ゴールが遠いかなと思っているが、自分たちが決められるチャンスをしっかり決めなければ、相手は少ないチャンスを決めることも起こりうる」

 

――やり方を変えずに相手をコントロールできていたと思う。収穫は?

「選手たちは残念な結果として悔しい思いをしている。でも簡単な気候ではなかった中で、選手たちはいい試合を繰り広げてくれた。一番大事にしたいのは、やっていること、信じていることを、やり続けること。それで結果が出ると信じている。やり方を変えず、突き進むべき道を信じてやっていくことが大事だ」

 

 

 

FW 45 オナイウ 阿道

――まずゴールシーンを振り返ってもらいたい。

 

 

ヨコエク

(残り 1784文字/全文: 2547文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック