【サッカー人気3位】【vs.松本山雅FC】終了後、田中恵太…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

序盤、マリノスのオフェンスをけん引したのは天野純。足りないのはゴールだけだった [J9節 柏戦レビュー]

 

序盤、マリノスのオフェンスをけん引したのは天野純だった。

この日はマルコス・ジュニオールと横並びのダブルインサイドハーフとしてスタート。不必要に下がってボールを受ける素振りを一切見せず、かといってタッチライン際の安全なエリアに逃げることもしない。混雑地帯になっている中央付近のスペースを的確に見つけ、淀みないランニングで侵入していく。相手を困らせるプレーができていた。

 

 

最大のチャンスは23分。反対側のエリアまで移動していたティーラトンから鋭い縦パスが天野の足下へ。天野はDFが予測する反対の方向へターンし、左足を振り抜く。GKにセーブされたものの、可能性を感じさせる鋭いターン&シュートだった。

だからこそ、マルコスのように結果がほしい。海外挑戦を経て、確実に成長している。以前と比べてプレーの選択が変わったことは明らかで、意欲も十分伝わってくる。周囲を完全に納得させるために、足りないのはゴールだけだ。

 

 

例えばこの日、得点を決めたオナイウ阿道のパフォーマンスはトータルで評価するものではなく、ゴールという宝物をもたらしたことがすべてだろう。天野のポストプレーから前向きでパスを受けたオナイウは、誰にも真似できないタイミングと足の振りの速さでGKのタイミングを外し、ゴールネットを揺らした。

 

 

この日がマリノスデビューとなった松田詠太郎にも触れておきたい。

 

ヨコエク

(残り 589文字/全文: 1210文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック