【サッカー人気1位】ザーゴとは何だったのか? 鹿島が復活す…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

戦術面ではエリキと前田大然をインサイド寄りに絞らせた“新布陣”が機能しなかった。しかし足りなかったのは成熟度の部分で、方向性が間違っていると指摘するのは早計 [J10節 大分戦レビュー]

 

おそらく過去最短であろう試合後の監督会見に、アンジェ・ポステコグルーの怒りがにじみ出ていた。あえて感情を隠そうとしない指揮官は、とても素直な人間だ。それくらい悔しい敗戦だったのは想像に難くない。

それでも強引にポジティブな材料を挙げるとすれば、やはりジュニオール・サントスになるのだろう。

 

 

加入から1週間も経たないこの一戦で、74分から途中出場。オナイウ阿道に代わって登場し、3トップ中央へ。1点ビハインドの展開に、チームの危機を救う活躍を期待せずにはいられなかった。

 

 

ヨコエク

(残り 1049文字/全文: 1306文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ