【サッカー人気3位】文字通りの完敗。迷走する指針【島崎英純…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(今シーズン) ベストゲーム」(ポステコグルー)・「お祝いに見えたかどうかは疑問だけど(誕生日の)祝福をしてもらって、サポーターに幕を出してもらって、幸せに感じた1日だった」(喜田) 他 [広島戦後コメント]

 

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「チームとしていいパフォーマンスを発揮できた。守備でハードワークして、しっかり得点できて、今日は勝利に値するパフォーマンスだったと思う」

 

――最後までプレーの強度が落ちず、今季ベストゲームと言えるようなゲームだったと思う。モチベーションの上げ方も含めて、このようなゲームができた理由は?

「今回は難しい状況だったが、このチームは個性を持っていると選手に伝えた。今日も試合目に『我々は力を持っている』と伝えた。それを選手たちが発揮して、おっしゃる通りベストゲームを見せてくれた」

 

――加入間もないジュニオール・サントス選手がチームにもたらしているものは?

「柏の時はオルンガという強力な選手がいてなかなか出場できなかったが、私たちのチームにフィットすると思って獲得した。これからもポジティブな要素をもたらしてくれると思う」

 

――前半は広島もかなり強度が高く、タフな試合だったと思う。ハーフタイムに良い修正ができたのではないか?

「特に後半に向けて修正したことはないが、最初からハイインテンシティの試合になることはわかっていた。ただ相手は最後までそれをできず、我々は最後までそれをキープした。そして昨年と同じように2-1の状況でも3点目を目指した」

 

――新加入選手たちの守備のインテンシティが目覚ましく上がっていると感じたが、監督はどのように捉えている?

「サブの選手が結果を残してくれるのはポジティブなこと。これから週3回の試合が続くということで、これまでもローテーションしながら戦っていたが、今後に向けてもサブの選手が活躍するのはポジティブなことだ」

 

FW 17 エリキ

 

――今シーズン初ゴールを決めた気持ちと、ゴールシーンを振り返ってほしい。

「率直な気持ちは、今シーズン初得点だったので本当にうれしかった。僕が斜めに抜けて、ストロングポイントである裏への抜け出しにタカ(扇原貴宏)から素晴らしいボールが来て、得点を決めることができた。でも一番うれしいのはチーム全体のパフォーマンスで、監督が思い描いているサッカーを実践できていること」

 

――ゴールした後、横断幕に感謝していた。最近、欧州移籍の報道も出ていたが、その思いは?

 

ヨコエク

(残り 1631文字/全文: 2573文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック