【サッカー人気1位】【J2魔境】ターンオーバーで連勝。後半…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(補強は) 基本的に私の決断で選手を連れてきている」(ポステコグルー)・「リーグ戦が中断している時で、オファーにはビックリした。『今のマリノスのサッカーに必要な選手なので来てほしい』と」(實藤) 他 [札幌戦前コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

――清水戦と広島戦は良い内容で連勝したと思うが、チームの雰囲気は?

「広島戦でもいい試合を見せることができた。みんながハードワークしてくれて、途中から出た選手もいい働きをしてくれた。いい形で連勝できたと思う」

 

――次節から中2日での試合が続くが、ターンオーバー含めたメンバー構成は?

「もちろんそこは考えていて、水曜日の試合だけでなく週末も試合がある。しっかり選考していくが、選手たちはハイパフォーマンスを見せてくれているので大丈夫だと思う」

 

――約1ヵ月前の札幌戦は相手に研究されていた印象があるが、自分たちのサッカーをやるために大事になることは?

「札幌だけでなく、さまざまなチームが対策を練ってくる。でも我々のサッカーをすればいいし、それだけにフォーカスしていきたい」

 

――仲川選手は復帰して2試合出場したが、コンディションはまだ上がり切っていないという印象か?

「彼は体力面も問題なく、昨日も相手にとって脅威になっていたし、チャンスも作っていた。私は彼に満足している」

 

――中2日の試合でトレーニングに時間を割けないと思うが、試合に向けた意識付けなどで考えていることは?

「コンディションの面は試合を重ねるごとに良くなる。試合に出ていないメンバーは今日しっかりトレーニングしているので問題ない。モチベーションについては自分から特にいうことはない。選手たちは試合に飢えている」

 

――連戦の際の起用法について、どのような基準で考えている?

「フィジカル面と試合でのパフォーマンスを両方見ている。状態を確認してから判断していく」

 

――広島戦ではチーム総走行距離が119kmを超えていた。夏場の連戦をどのように乗り切っていく?

「ラクな試合は一切ない。我々もラクなサッカーは目指していない。夏は大変だが、我々は打ち勝つ力を持っている。昨日の試合でも前半は相手もいいサッカーをしていたが、後半に入ってからは我々が強すぎて、相手がついてくることができなかった。ラクをするよりも成功したいという気持ちだ。その点でも選手のローテーションは必要になってくる」

 

――夏に移籍加入した選手がいるが、過密日程ということで監督が求めたのか? 補強の意図を聞きたい。

「基本的に私の決断で選手を連れてきている。スポーティングダイレクターと近い距離になるので、しっかりコミュニケーションを取りながら補強している。そしてレンタル移籍した選手たちはより経験が必要ということで放出している。滞りなくできていると思う」

 

DF 16 高野 遼

――清水戦は先発で2アシスト、前節はウイングで途中出場。勝利に貢献できている心境は?

「清水戦は久しぶりの出場ということで、とにかく自分の良さを出していこうと思った。それがチームの勝利につながって、いい流れなのでこれからも続けていきたい」

 

 

――湘南戦でも先発して勝利に貢献したが、そこから清水戦まで時間が開いたと思う。モチベーションの面などで難しさもあった?

 

 

ヨコエク

(残り 3250文字/全文: 4553文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック