【サッカー人気5位】久々の順当勝ち その根拠と最後の失点は…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

だから、もう一歩先へ進みたい。対策されても過密日程でも、選手を入れ替えながらでも、マリノスはマリノスらしく [J15節 名古屋戦プレビュー]

明日の名古屋グランパス戦は、マリノスがリバウンドメンタリティを示さなければいけない試合だ。

川崎フロンターレに1-3で敗れた。「気持ち、技術、すべてにおいて相手のほうがいい準備をできていた。自分たちとしては点差以上の差があって悔しかった」(パク・イルギュ)。あの日時点では認めざるをえない差があったかもしれない。

しかし長いリーグ戦においては34分の1に過ぎない。首位との勝ち点差が広がったのはたしかに痛いが、あの試合で得られる勝ち点は最高でも3ポイント。これからも続いていく連戦で勝ち点を積み重ねていくことで、あの試合の価値を相対的に高めることも十分可能だ。

 

ヨコエク

(残り 715文字/全文: 999文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック