【サッカー人気5位】「これだけひとつのポジションでケガ人が…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「これだけひとつのポジションでケガ人が出てしまって、選択の余地がない。最悪、通訳を使うしかない(笑)。土曜日は試合だ。何がベストか考えながら準備していきたい」(ポステコグルー) 他 [清水戦後コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「いい内容で試合を繰り広げることができた。選手たちがいいスタートを切って、もちろん相手が退場して10人になってからも集中を切らさず、自分たちのサッカーで支配してゴールを目指した。決めきれない部分もあったが、いいパフォーマンスを見せてくれた」

 

——畠中選手が負傷交代になった時に4バックの選択肢もあったと思うが、喜田を下げて3バックを続けた狙いは?

「ロジカル的に考えて、あのまま変えずにやるほうがいいかなというのが自分の狙いだった。ベストな状態でチームを持っていきたかったし、喜田は経験のある選手。どのポジションでも順応してくれるひとりなので、彼がうまくやってくれた」

 

 

——前節から採用している3-4-2-1の手ごたえは?

「自分が日本に来てからずっとお伝えしているが、システムは後ろが3枚でも4枚でも重要ではない。全員で攻撃するし、全員で守備をする。特に今シーズンは中2日、中3日で試合があって、今日もケガ人が出てしまった。ずっと同じメンバーで戦うことは難しいし、いかにベストな状態をキープできるか。監督として選手を守らなければいけない。システムどうこうは重要ではない」

 

——畠中がケガをした時に喜田に何を伝えたのか?

「特に詳しい話をしたのではなく、まず落ち着いてやっていこうと。喜田は経験があるし、すべてのポジションでプレーできるひとりだと思う。自分は自信を持って彼がやってくれると思っていたし、もし松原がプレーできなかった時は喜田を真ん中で使う考えがあった」

 

——今シーズンは左ウイングの起用法に困っていたと思う。最近2試合は2シャドーにしてチームとして最善のやり方を見つけようとしているように感じる。前線の手ごたえを聞かせてほしい

「これもなかなか理解していただけない部分が多いと思うが、自分たちのサッカーをする上で選手は難しいと思う。リーグの中でも走るサッカーで、選手は精いっぱい表現しようとしてくれている。選手を守ることも仕事で、そのポジションの選手が前回悪かったから入れ替えているわけではない。マルコスはずっと出場していたので出場しなかった」

 

——負傷交代した畠中選手の状態は?

「まだ何も詳細は聞いていない」

 

 

——すでに實藤が離脱している状態だが、センターバックのやり繰りはコンバートをしていくイメージか?

「このサッカーのレベルでやっていくには、選手の入れ替えは必要になってくる。これだけひとつのポジションでケガ人が出てしまって、選択の余地がない。最悪、隣にいる通訳を使うしかない(笑)。土曜日は試合だ。木曜日はリカバリー、金曜日は移動だ。何がベストか考えながら鳥栖戦に向けて準備していきたい」

 

 

DF 16 高野 遼

——3連敗がストップした試合を振り返って

「最初に連敗を止めることができてよかった。あと失点ゼロで抑えられたことがよかった」

 

——退場者が出たことも大きかったと思うが、その前にアシストでエリキ選手のゴールを演出した

「今日はウイングバックということで自分のところでガンガン仕掛けようと思っていた。その最初の仕掛けが得点につながってよかった」

 

 

——ウイングバックがあるシステムになっている。監督の意図をどのように汲み取ってプレーしている?

「チームとして成長していくための新たな形で、新たなチャレンジだと思っている。自分は自分の良さを生かすことを意識してプレーした」

 

——前回の名古屋戦では悔しい思いをしたと思う。名古屋戦の反省をどのように生かした?

「自分の反省点として、名古屋戦ではサイドの11で負けてクロスを上げさせてしまって悔しかった。攻撃面では仕掛けてクロスを上げるというところで、自分の良さを出せてよかった」

 

 

——前向きな手ごたえがあるのでは?

「自分としては前回よりいいプレーができたと思う。ウイングバックはもともとプレーしたことがあったし、甲府の時はずっとやっていた。でもアシストももっと付けたかったし、シュートも決め切りたかったので、それは次への課題」

 

 

MF 18 水沼 宏太

——あまり馴染みのない右ウイングバックで出場して結果を残した。チームと個人を振り返ってほしい

「連敗していてチームが勝つために自分が何をできるか考えた時に、ウイングバックで出場するイメージはできていた。そういった中でサイドで時間を作ること、ゴールにかかわっていくこと、アップダウンを繰り返してみんなを助けることも大事だし、少しはみんなを助けることができたかなと思う」

 

 

——アシストの場面について

 

ヨコエク

(残り 872文字/全文: 2775文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック