【サッカー人気2位】【解説】事案発生後、すぐに報告した仙台…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

(4試合連続得点と今のチーム状態は?) 「マリノスのサッカーをしっかり表現できているし、個人的にもチームとしてもすごく好調。これを続けて、目標を達成するために頑張りたい」(エリキ) 他 [仙台戦後コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「いいゲームができたと思う。しかし最初の5分から10分はよくなかったところもあったけど、選手一人ひとりがハードワークして助け合って結果に結びついたと思う」

 

――今日は前線からのチェイシングが素晴らしく、迫力もあった。それは気候が涼しいからできたのか、それとも監督から特別なアプローチがあったのか?

「たしかに涼しくなってプレスを長くかけ続けることができたと思う。ボールをつなぐところも集中しようと話していた。前からのプレスは前の3人だけでなく、後ろの選手が連動する。しっかりと全員でプレスをかけた結果だと思う。」

 

――ジュニオール・サントス選手は加入当初、守備に積極的ではなかったように思うが、かなり変わってきたのでは?

「彼にとっては難しいスタートになったと思う。練習をあまりできないスケジュールで、自分たちのサッカーは前から守備をする。彼にそれを伝えてきたし、ボールを持っていない時でもハードワークすると。練習らしい練習ができない中で、学ぼうとする姿勢があり、ピッチ上でやり続けている。それが結果に結びついていると思う」

 

 

 

――ジュニオール・サントス選手は攻撃でも球離れが良くなり、それによって攻撃がスムーズになっているのでは?

「彼は大きく、強く、スピードもあり、シュートもいいものを持っている。それにプラスして、周りにもいい選手がいる。周りを使うことで自分が生きると伝えてきた。去年、日本に来てJ2でプレーして、今はJ1でプレーしている。これからも伸びていくと思うし、しっかり見続けていきたい」

 

 

DF 15 伊藤 槙人

――プレスが効いてマリノスが目指すサッカーを90分通してできたと思うが、どのように感じている?

「途中、ボスからも話があったけど、相手のゴールキックへのプレッシングなど甘いところもあったし、もっと相手が嫌がるプレッシングができると思う」

 

 

――早い時間帯に失点したが、逆転勝利したことの手ごたえは?

「失点した時間は早かった。良くないことだけど、まだまだ時間はあるので自分たちのサッカーをやっていこうと話していた。焦って攻撃するのではなく、ボールを走らせていこうと思っていた」

 

――喜田選手が3バックの中央に入っていたが、連係面は?

 

 

ヨコエク

(残り 1335文字/全文: 2304文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック