【サッカー人気3位】どうした?浦和のエース興梠慎三【こぼれ…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「マリノスのファミリーを象徴するような勝利。みんなが最後まであきらめず、最後までハードワークし、一人ひとりが助け合っていた。監督が思い描くサッカーをみんなでできている」(エリキ) 他 [柏戦後コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「本当に素晴らしい形で試合を終わらせることができた。前半はタイトな形で、チャンスを作りながらなかなか得点に結び付けられなかった。後半は強く前方向にプレーしようということでチャンスを作り、ゴールが生まれた。選手たちが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた」

 

――2試合連続での逆転勝利になった。後半に反発力を見せた点についての評価は?

「選手たちが強いメンタリティで最後まで戦ってくれた結果だと思う。久しぶりにセットプレーから失点してしまったが、落ち着いてやることが大事。3点取れたがもっと得点するチャンスもあったし、いいパフォーマンスだった」

 

 

――ハーフタイムに松原選手と扇原選手、オナイウ選手と仲川選手をそれぞれ交代した。その意図は?

「交代出場した選手だけでなく全員がいいパフォーマンスを見せてくれた。交代の意図は、松原はケガをしたので、扇原を入れて喜田を後ろにした。前はエリキのスピードを生かしながら仲川を入れて、前にスペースがあるのでもっとスピードを生かしていきたかった。そこにプラスして前田が入ることで、相手にプレッシャーをかけることもできたと思う。前半からハードワークしたことで後半に報われた。ハードワークは必ず報われる。努力は必ず結果として戻ってくることを選手たちが信じてやってくれたと思う」

 

――逆転ゴールとなった2点目は、審判の笛が鳴ってもすぐにプレーするマリノスの文化が出た素晴らしいゴールだったと思う。監督の感想は?

「本当にメンタルを強く持って戦えた。自分たちがゆっくりやらず、アグレッシブに前方向にやることを選手たちがやってくれた。特にボールを握っている時は、後ろでもたつくことなく前方向へ運び、裏への突破でチャンスを作り出した。アグレッシブにやってくれた結果だと思う」

 

――ここ数試合はフィニッシュまでのスピードが出てきて、去年のマリノスのいい時期に近づいてきたと思う。フロンターレを追いかける自信ができてきた?

「自分たちのスタイルを信じて最後の最後まで戦っていく。順位やポイントを考えている暇はない。次の水曜日にはすぐ試合がある。詳細は分からないが、今日の試合でもひとり、ふたりのケガ人が出てしまっている。水曜日に向けてローテーションしてやっていくことしか考えていない。最後にどうなっているかよりも次の試合が重要だ」

 

 

DF 25 小池 龍太

――久しぶりに日立台での試合を終えた感想は?

「すごく楽しみにしていた試合で、帰ってこられたことはうれしい。その中でマリノスの選手として、成長したところを90分見せることができたと思う」

 

 

――チームとして後半にパフォーマンスが上がったと思う。修正した部分は?

90分通してやることは変わらない。その強みが後半出たかなと。早いテンポで全員が関わるサッカーをやることで後半に入って相手に疲弊が出てくる。それが後半のパワーにつながったと思う。自分たちのサッカーを本当に突き詰めてやっているし、出場した試合で結果を残さないと試合に出られない。一人ひとりがライバルとしてモチベーション高くやっていて、4連勝できているのは切磋琢磨していいパフォーマンスを出せているからだと思う」

 

――秋に入って終盤になってくるが、4連勝の意味は?

 

ヨコエク

(残り 1384文字/全文: 2759文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック