【サッカー人気5位】解消された違和感と興梠の言葉 浦和がこ…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「天野選手がいいポジションを取って相手のパスをカットした。その後は僕にパスをくれて、ゴールに結びつけることができた。今日は本当に勝利がほしかった」(エリキ) 他 [鳥栖戦後コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「正直、いいゲームではなかった。自分たちのサッカーができず、そういう入り方をすると難しくなる」

 

――監督が一番不満に感じている点は?

「特に何かではなく、何もなかった。90分通して、ただ試合をした。1-1で負けずによかったというふうに見受けられたし、自分たちのサッカーが何ひとつなかった」

 

 

――自分たちのサッカーができなかったのは、柏戦から7選手入れ替えた影響があったからなのか?

「誰が出ても、練習はみんなで一緒にやっている。みんな同じ体系なので関係ない」

 

――高野選手の負傷交代がゲームプランに響いたのでは?

「ケガ人が多いのは良くないことのひとつ。もちろん毎試合勝ちたいが、一番大事なのは自分たちのサッカーをやること。今日に関しては2チームがただ試合をやっただけに見えたし、本当に残念な結果に終わってしまった」

 

 

MF 7 大津 祐樹

――スクランブル的に出場することになったが、どのようなイメージでプレーした?

「どんな状況でも常に出場する準備をしている。勝利できなかったことは残念に思っている。ウイングバックということで、チームを循環させることや、パスにこだわってやっていた」

 

 

――ポステコグルー監督は「自分たちのサッカーができなかった」と話していた。その要因は?

 

ヨコエク

(残り 1478文字/全文: 2044文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック