【サッカー人気4位】新著『フットボール風土記』が求められる…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

長いリーグ戦ではさまざまな巡り合わせの中でこういった類の試合は必ずある。次は中3日でヴィッセル神戸。再びニッパツ三ツ沢球技場 [J25節 鳥栖戦レビュー]

 

キックオフから10分も経過していない時間帯に高野遼が負傷。タッチラインの外に出そうになったボールに対し、勇猛果敢にスライディングタックルを仕掛けた際に痛めたようだ。相手選手と交錯しながら倒れ込み、スッと立ち上がろうとすると違和感が走ったのだろう。高野はその場に座り込み、そのまま交代した。

 

 

昨年3月、練習中に右ひざ前十字靭帯を負傷し、長期離脱を余儀なくされた。間違いなく重傷なのだが、直線方向の動きは案外できる。アドレナリンが出ていることもあってしばらくプレー続行してしまう選手もいる。今回も嫌な予感がしたが、受傷したのは膝ではなかったようだ。

 

ヨコエク

(残り 817文字/全文: 1112文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック