【サッカー人気2位】【J2魔境】J1昇格狙う長崎にエジガル…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「本当にいいゲームが繰り広げられた。両チームがハードワークしてチャンスを作った。1-1の結果はフェアな結果だった。最後までしっかり戦えた」(ポステコグルー) 他 [G大阪戦後コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「本当にいいゲームが繰り広げられた。両チームがハードワークしてチャンスを作った。1-1の結果はフェアな結果だった。ガンバもいいチームで、ここ数試合は結果が出ていて自信があったと思う。それでも選手たちは相手に引くことなくやれたし、最後までしっかり戦えた」

 

――これまでは70分前後に2枚替え、3枚替えの交代をしていたが、今日は1枚しか交代しなかった。その意図を聞きたい?

「試合の流れでいろいろなことがある。今日に限っては最後の最後まで選手がいい状態でチャンスを作り、いい形でやれていた。最後の最後までハードワークしてくれていた。ただ替えるのはおかしな話だし、しっかりやれていた」

 

 

――大分戦と比較するとセカンドボールを拾えていなかったように見えたが、監督の考えは?

「自分の中ではそう見えていなくて、相手には大きなFWがいて拾えなかった部分もあったが、唯一の違いはボールを奪った後にキープできなかった。もっとコントロールできていれば違った展開になったと思うし、そこが欠けていた。でも相手はいいチームなのでフィフティフィフティのゲームが繰り広げられていたと思う」

 

 

MF 26 渡辺 皓太

――ビルドアップの部分で相手がマンツーマン気味にやってきたが、感想は?

「相手は前からプレッシャーに来ていて、ボランチのところでボールを受けた時に、後ろに戻すのか前へ運ぶのかで展開が大きく変わってくる。今日は後ろへの展開が多くなってしまった。全員が少しプレッシャーを感じてしまったというか、そこでボールを蹴ってしまったり、相手にぶつけてしまったり、ちょっと簡単なミスが多かった印象」

 

 

――相手が縦に1本の大きなパスを送ってきて、そこでのセカンドボールがなかなか拾えなかった印象だが?

 

 

ヨコエク

(残り 1311文字/全文: 2082文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック